スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
柴部 博
Posted by柴部 博

ひとり旅 87日目/マチュピチュ遺跡で登山?‼ 死にかけた。すべて公開します!


どうも!

高山病がなんぼのもんじゃい ばべです。


ひとり旅 87日目です (^^


マチュピチュ遺跡の奥にあるワイナピチュ(山)をご存じだろうか

昨日の景色落書きをするとこんな感じ…


InkedIMG_0135_LI.jpg


赤丸のところに遺跡があるという

しかも、上からの景色では、マチュピチュ遺跡が「コンドル」に見えるというではないか…


登るしかない

チケットを購入して、入山。 登山にチャレンジするばべのお話です。

登りたいから、マチュピチュ村に一泊し朝一番のバスに乗る為5:00にチェックアウト。←スタッフがいないため、荷物を預けることができず…。カバンにはPC、緊急キット、洗って乾いてないTシャツ…たぶんkgはあったと思う。


辺りはまだ暗い





マチュピチュ遺跡入口までの送迎バス乗り場には、既にたくさんの行列ができていた。私は先頭から200mくらいの最後尾場所に並ぶ、バスは6時50ふんぐらいからの運行なのでまだまだ並ぶ。30分経って一歩だけ前に進める。笑  

気がづけば、私の後ろにも更に200mほど列ができていた。

登山する前からバス待ちの列に並ぶので、急な坂を上る感じ。笑




無事に到着 入口はごった返していた。

我先にと割り込みの連続


IMG_0365.jpg



7:00過ぎにゲートを通過することに成功

昨日とは時間も違うが、景色も違う。朝早いこともあり、雲の中にマチュピチュ遺跡は眠っている。
目を閉じ昨日歩きに歩きまくった景色と比べながら、マチュピチュ遺跡を突っ切る



IMG_0367.jpg


IMG_0373_201705061055536e7.jpg



到着 ---- ワイナピチュ入口


IMG_0375.jpg

IMG_0377.jpg


ゲート→ワイナピチュ山頂→ゲート。の平均時間が2時間と聞いていた。

私が目指すのは、山頂の裏側…。

月の神殿

果たして何時間かかるのか。
どんな過酷な道が待っているのか。
どんな景色があるのか。
どんな場所なのか。

気になったら行くしかない!

Let's Go~!!!


では

ダイジェストでお送りします。

ほんとしんどかった。死を覚悟したよ。びっしょり。前も後ろも人がいなくなって、道なのか?と思う樹海の道を進む登山の様子をご覧ください。


IMG_0386.jpg

IMG_0385.jpg

IMG_0399.jpg

IMG_0396.jpg

IMG_0403_20170506105616aac.jpg

IMG_0424.jpg

IMG_0407.jpg

IMG_0379.jpg

IMG_0405.jpg

IMG_0411.jpg

IMG_0410.jpg

IMG_0419.jpg



登山開始から、1時間ぴったりで登頂~!!!

汗びっしょり、雲の中の登山とか、やばすぎ

旅人にはうれしい湿気。そして、日々流せない汗が体からすべて出ていく…。

基本的にインカ時代の石組階段でできているため、上るだけなんだけど、一つ20cmぐらい、高い石だと40cmオーバー並みの石…岩にも足を掛けていく。雲の中の冒険。ほぼ壁に近いようなところを上ったりする。もちろん柵はないから落ちたら一発アウト。

2667m 山頂でセルフショットをかます!



Image_6523c13.jpg

IMG_0450.jpg

IMG_0425.jpg


雲の中なので、見晴らしは最悪www

マチュピチュ遺跡は見えず…



息が整い次第、疲れて震えている足を動かし


ここからが本番。

Moon temple へ


IMG_0428.jpg

IMG_0485.jpg

IMG_0461.jpg

IMG_0468.jpg

IMG_0477.jpg

IMG_0479.jpg

IMG_0475.jpg

IMG_0464.jpg

IMG_0463.jpg



下り続けること 30分くらい?

本当に足が震えながらも気合いで下る


ようやく、到着~!!!


IMG_0497.jpg


これが、月の神殿


IMG_0536.jpg

IMG_0507.jpg

IMG_0522.jpg


1つの大きな岩の中に神殿(祭壇)がある

ここでも何かを占っていたのだろうか。「 月 」は女性を現す。だとしたら、女性関係の行事がここで行われていたのかもしれないですね。本当に[静]を感じる。インカ人にとって大切な場所だったんだなと5感で感じた。


完全に雲が晴れないまま

まだ雲の中にいる感じで、下りてきた道とは違う道を上る。


下りた分、上る。



IMG_0542_201705061057404aa.jpg


月の神殿ゲートまで、1時間20分でした。

鬼しんどい


高校時代の校舎回りからのテニスの練習、ミスした回数の外周。これ並みにしんどかった。



真っ赤なヤスデに道をふさがれた時は、死を覚悟した。

ドラクエみたいな感覚。
けど、私は剣も盾も魔法もない

木の棒でちょっかいかけて、どいてもらうことに…

ごっついヤスデさん、ごめんね~
イカツすぎるねん
もっと優しい見たオーラだしてよ~

見たことない植物を見たり、汗を流しすぎて、毛細血管いっぱい詰まっているところ脇!(脇汗半端ないということです) どころではなかったです。



ゲート前では、きれいにがなくなっていました。


IMG_0545_201705061057329d0.jpg


もし、山頂からマチュピチュ遺跡を見たい方は、第二部で入山することをお勧めします。


今日だけなのかもしれませんが

第一部の7:00~は(この記事のように)朝雲で何も見えなかったです。


マチュピチュ遺跡 最高 !!!

IMG_0148.jpg


さあ、明日は今の宿を5:00にはチェックアウトして、ボリビアに向かいます。
マチュピチュ遺跡に行く為のチケットを買うことで精いっぱいだった私は、何も情報を持っていない。


果たして、無事 国境越えができるのでしょうか!

次回 南米ボリビアからお届けしようかな。


良かったら次も見てください('ω')


足がぁぁあああ…


今日もお付き合いいただき、ありがとうございました。



ついてる🍀

ばべ
関連記事
スポンサーサイト
柴部 博
Posted by柴部 博

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

の直前に移動 -->

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。